弁護士に使われている電話代行

電話代行は、電話の取次ぎをしてもらうことができるサービスです。



弁護士にも活用されています。弁護士は、事務所を空けている時間が多いです。

そのため、その間にかかってきた電話を受けることができません。大きな事務所や、事務員がいる事務所であれば、たとえ弁護士が事務所にいなくても応対をすることができますが、個人でやっていて事務員を雇う余裕がないところであればそれもできません。
そこで電話代行が活用されています。
電話代行サービスは、課金の方法がいくつかのパターンがあり、一月の間の受信回数にかかわらず定額にしているところや、基本料金と受信した件数に応じて課金されるタイプがありますが、いずれにしても事務員を野党より安くて済みます。
そのため、小規模の事務所でも活用しやすいというメリットがあります。そして、電話代行業者の中には、弁護士にターゲットを絞ったサービスを提供しているところがあります。

T-SITEの情報ならこちらで掲載されています。

法律事務所には、裁判所書記官からや依頼者からの電話がかかってくるので、ある程度の法律に関する前提知識が必要です。



それは、一般的な業者のオペレーターではうまく対応できないことがあります。

その点、専門知識を持ったオペレーターを配置している専門サービスを提供する業者ならば、円滑に対応をすることが可能です。
通常よりサービス料は高くなりますが、それでも事務員を雇うよりはかなり安いです。

そのため、弁護士向けの電話代行サービスも良く使われています。